THE IDOLM@STER THE@TER ACTIVITIES 03 発売記念イベント第1回公演

やっぱり、シェアですよ!シェア!Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

みりっほー!ジョニーPです。
2016年12月17日に行われたTHE IDOLM@STER THE@TER ACTIVITIES 03 発売記念イベント第1回公演に参加してきたので、レポートを書こうと思います。

今まで、シンデレラガールズの方でしかレポート書いたことがないのでご存知ない方もいるかもしれませんが、実は真壁瑞希Pなんです私。ミリオンライブでレポート書くのは初めてなので少し緊張しますが、楽しかった様子が伝わるよう頑張って書きます!

さて、今回の発売記念イベントではなんと!CD出演者である木戸衣吹さん、大関英里さん、阿部里果さん、近藤唯さん、平山笑美さんの5人揃っての出演でした!嬉しい!!(^○^)

気になるそのイベント内容ですが、大まかに、以下の通りに行われました。
1.CD収録の感想
2.スピンオフエピソード
3.ドラマCD後日談
4.ライブパート
では、1番から順に内容と感想を述べていきたいと思います。(もうすでに忘れかけているので、印象に残っているところだけ書いていきます、すみません!)

 

1.CD収録の感想
「赤い世界が消える頃」の間奏の、それぞれのアイドルのセリフについてお話ししていました。
木戸さん:「私は『普通の子』なので普通に『やめて!やめて!』って言ってました!」

2.スピンオフエピソード
今回のCD出演者の5人のアイドルの内1人をくじで選び、さらにキーワードボックスから3つのキーワードを選んで、そのキーワードを使って選ばれたアイドルのスピンオフエピソードを考える、というコーナーでした。
選ばれたアイドルと3つのキーワードは以下の通りでした。

北山麗花:「メイド喫茶」「パリピ」「ゆく年くる年」
篠宮可憐:「えいちP」「入れ歯」「クリスマス」
真壁瑞希:「ものまね芸人」「赤ちゃんの泣き声」「除夜の鐘」
佐竹美奈子:「便座カバー」「カジノ」「雪だるま」

麗花さんがパリピになったり、可憐ちゃんが入れ歯の匂いを気に入ってしまったり、瑞希がものまね芸人に憧れたり、美奈子が便座カバー買い漁ったり、、、と世にも奇妙な物語が繰り広げられました(笑)

特に印象的だったのは真壁瑞希のスピンオフエピソードでの木戸さんの発言です。
木戸さん「えっと、瑞希ちゃんには隠し子が、、、」
会場全員「「「ええーーーー!?!?」」」
めちゃくちゃ面白かったです(笑)

ラストの落ちに2回当たってしまった近藤さんの頑張る姿も印象的でした。

3.ドラマCD後日談
ドラマを撮ったあとの特番(?)で、それぞれのアイドルが自身のホラー話を披露するというお話でした。
美奈子の勘違いホラー話や、瑞希とリトルミズキのメリーさん的怪談、麗花さんの本当にあった怖い話などなど面白怖いお話でした。

特に瑞希Pとしてはリトルミズキの声が聴けたのでそこも大変よかったなあと思います。

4.ライブパート
CDに収録されている「赤い世界が消える頃」「DIAMOND DAYS」の2曲を披露していただきました!

「赤い世界が消える頃」では、幽霊ダンスが特にかわいくて印象的でした。そして私事ですが平山さんの生歌を聴くのが初めてで、綺麗な歌声がとても素敵でした!また、大関さんは、「このようなかっこいい歌を歌うのは初めてで、機会をくれたPのみなさんに感謝しています」ともおっしゃっていました。かっこいい美奈子もとても素敵でした!

「DIAMOND DAYS」では、サビ直前からの「う〜〜〜〜!イェーーーイ!!!!」のコールをみんなでできて楽しかったです。ライトと会場のシャンデリアがキラキラ光っていて綺麗な光景でした。HAPPYな気持ちになれる歌だなあと改めて思いました。

 

と、だーっと書いていきましたがどうでしたでしょうか?とても楽しかった気持ちが伝わったのなら幸いです。全体を通して本当に楽しい発売記念イベントでした!

また、まだTA03を聴いていないという方はぜひ聴いてみてくださいね。可奈と美奈子の熱い友情劇、幽霊役がめちゃくちゃハマっている麗花さん、ミステリアスな瑞希とかっこいい可憐ちゃんと、いろんな魅力が詰まったドラマCDです!また収録曲の「赤い世界が消える頃」もすごいかっこいい曲なのでぜひ聴いてみてくださいね!

ではではこのへんで発売記念レポートを〆ましょうかね。最後まで読んでくださりありがとうございました!!

みりおっつー!ジョニーPでした!

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 4th LIVE Tri Castle Story BrandNewCastle&346Castle&FutureCastle

やっぱり、シェアですよ!シェア!Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

みなさんこんばんは、アキトPです!

10月15日16日にさいたまスーパーアリーナで行われたシンデレラガールズ4thライブ埼玉公演に両日現地参加してきたのでその感想をしたためさせていただきたいと思います。

まずはシンデレラライブ恒例となったCygamesによるフラスタもとい課金城。上部中央のモニターでは出演アイドル全員が登場するMVが流されていました。そして今回の目玉は課金城左右に設置されたモニターで上映されていた各アイドルソロのMV!これはtwitterにてハッシュタグ#imascg_4thLIVEのツイート数に応じてアイドルのダンス映像が解放されていく企画で、モニター前には担当アイドルの晴れ姿を見ようと長蛇の列が出来ていました。imageimage

 

また課金城内部ではシンデレラガールズ5周年を記念して、歴史を振り返るPVが上映されており、懐かしい映像とにくい演出にウルッと来てしまいました。。。

さてライブに関してなのですが…とにかく凄かった(小並)

私の拙い語彙力では到底表せないほど、驚きや幸せ、喜びの感情、そしてシンデレラガールズの今までとこれからについて、たくさんの要素が詰まったライブだったと感じています。

全部について振り返るのは不可能なので、いくつか私自身印象残ったところをかいつまんでいきたいと思います。

初日のBrandNewCastleは今までのライブやアニメの中心としてこれまでシンデレラガールズを支えてきたシンデレラプロジェクトのメンバーは参加せず、2ndや3rdライブで仲間に加わったアイドルたち、そして初めてのライブ出演となる新しい顔ぶれがそろった、まさにBrandNewなライブでした。

第五回総選挙でデビューし、シングルメンバーに選ばれた佐藤心、森久保乃々、三船美優、依田芳乃の四人が初日開幕の導入アナウンスを担当。いつものようにちひろさんかな~と思っていたら、「アナタのはぁとをシュガシュガスウィート☆」と心さんがぶっこんできて開いた口がふさがりませんでした笑

2日目の346Castleではプロデューサー役の武内くんがステージ上に姿を現し、開幕の口上を述べると、シンデレラプロジェクトを中心としたメンバーがアニメ楽曲を披露。そしてM@GIC☆、夢色ハーモニーが終わると描き下ろしのメモリアルイラストが写される演出の後、FutureCastleの門が開かれ、シンデレラたちのこれからを示した新曲がたくさん披露されました。

ステージで目を引いたのは衣装。なんと全員が各アイドルをモチーフにした個別衣装(元ネタはゲーム内イラストやデレステSSR衣装)に身を包み、遠目からでも誰が、どのアイドルなのかが一目でわかるようになっていました。この個別衣装により視覚的にも、まさに「アイドルがそこにいた、実在した!」と感じることが出来、とても嬉しい演出でした。

また最近デレステやアニメからシンデレラガールズの世界を知り、アイドルと声優さんが一致しないという人も少なからずいるであろうこのタイミングで、このように誰が見ても見分けやすいような演出を仕掛けてきた運営の手腕に驚かされます。

いくつか楽曲について:BrandNewCastle編

共鳴世界の存在論 「まさに二宮飛鳥は実在した」と言わんばかりの圧倒的ビジュアルとパフォーマンス。最後の口上、「さあ行こうか」には痺れましたね!

青の一番星 京都出身の紗枝はんと周子のユニット「羽衣小町」がついにSSAで実現!二人とも着物スタイルの衣装がとても似合っており曲調とマッチしていました。しゅーさえ万歳。

RadioHappy → 気持ちいいよね一等賞! → Can’t stop!!

テンションと盛り上がりが天元突破したPa曲3連番。特にRadioHappyは個人的に聴きたかった曲だったので、NaNaNaNaNa聴かせてシンガロング・ナウの会場全体の一体感と、山下七海さんのリアル唯感に思わず涙してしまいました。

サイキック輿水幸子 今までラジオにもイベントにもなかなか来れなかった幸子がサプライズですよ、感無量です。「フフーン!可愛いボクにみなさんが会いたがっていると聞いて、SSAまで来てあげましたよ!」

Hotel Moonside 王子志貴くんちっすーのViVoDa3点盛りでオーバーキル

ハイファイ☆デイズ →みんなのきもち まさかの幸子サプライズでは終わらずニナチャーンサプライズ!記憶がありませんごめんなさい。ウッキッキー!

5周年記念曲 EVERMORE 「先へ先へ、夢の先へ」という歌詞からも分かるように、とにかく未来志向で、シンデレラたちのこれからを指し示す曲でした。早くフルで聞いてみたい!

いくつか楽曲について:346&FutureCastle編

Memories ついにラブライカが揃い、ラスサビでは蘭子が参加するというアニメ13話の再現には心打たれました。そのまま初めてのLEGNE蘭子ソロで会場のボルテージは最高潮。

Trancing Pulseでガードを崩されたところに「こいかぜ」。会場全体が緑に染まり、1stライブ以来の楓さんの歌声に聴き入っていました。

Nocturne  こいかぜの余韻覚めやらぬまま川島さんサプライズ出演からの本家Nocturneには全てを持っていかれましたね…(なにを)

Yes!PartyTime!! とにかく楽しい!ウェーブをきれいにキメたいですね!

NUDIE★ 2014年合同ライブでSSAに初めて立ち、緊張しながらもTOKIMEKIを歌いきったるる。そんな彼女があの時から成長を重ね、美嘉の新しい曲であるNUDIE★を、カリスマを溢れさせて歌うその姿に魅了されました。

以上楽曲の感想でした。全公演に参加した身として感じたのは、4thライブは、Starlight Castle(スターライトステージ)、BrandNewCastle(モバゲー版シンデレラガールズ)、346Castle(アニメ)、そしてFutureCastle(未来)の全ての公演を通じてシンデレラガールズの世界を現している、ということです。どのお城もシンデレラガールズには欠かせない存在だと実感しました。

多くのサプライズやユニット再現などたくさんの伝説が生まれた4thライブでした。彼女たちの活動はここで終わるのではなく、夢の先があります。武内Pが言っていたように、これからも私たちで彼女たちの未来を開いていきましょう!image

(寝太郎P撮影)

imageimage

M@RINEプロデューサーによる、ちょっとプラチナスターズ語らせろ~真編~

やっぱり、シェアですよ!シェア!Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

皆さん、アイドルマスター!

生きてる現役生ってわけでもないのに度々登場はいとPです。

前回のスコア編で次は真編でと言ったのでちゃんと真編で帰ってきました。

※本記事はプラチナスターズでの真のアイドルEXライブクリアまでのネタバレを含みます。読む方はご注意ください。

続きを読む

Tompei Enzymatic Agents of Management M@RiNE