MILLION LIVE! 5thLIVE BRAND NEW PERFORM@NCE!!!参加レポート

やっぱり、シェアですよ!シェア!Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+

こんにちは、だるまです。

ミリオンライブ!5thライブのレポートを書かせていただきます。

最初に一つ。gree版アイドルマスターミリオンライブがサービス終了しミリシタ一本になって初めてのライブ、”5th”と銘打ってはいますが、ある意味では”1st”の側面も持ち合わせていたように感じました。ライブ前には「ミリシタからの曲(MSとMTG)しか歌われない」と思われているようでしたが、LTPやLTHの楽曲も歌われており、gree時代からミリオンを触っている身としては嬉しかったです。

今ライブは自由にユニット編成ができるミリシタにちなんで、ユニット曲にオリジナルメンバーを入れないという面白い挑戦が行われました。もちろんそのユニットのオリメンで歌ってほしいとも思いますが、オリメン以外のアイドルが歌うことでそのアイドルや曲の新たな一面を発見できるので良い挑戦だなと感じました。
それでは、一日目と二日目に分けてレポしていこうと思います。

<一日目>

開幕Brand New Theater!からの未来形ドリーマー。ミリオンのセンターである未来の新曲を初っ端に持ってくることで、これから新たなミリオンライブ像を作っていくんだという意気込みが感じられました!

その後もEternal Harmony、AIKANE?と盛り上がる曲が続きます。エタハモは志保、星梨花、麗花というクレブルを意識したようなメンバーになっていたのが印象的でした。『それぞれのカラー溶けあって そう ひとつに重なるメロディー』や志保役雨宮天さんが歌唱した『もう「ひとりきり」なんて思わないよ』など、クレブルのストーリーにもマッチする歌詞だったという発見ができました。

亜利沙のTake!3. 2. 1. → S・P・A・C・E↑↑、Oli Oli DISCO、空に手が触れる場所、Sentimental Venusの流れも会場中が盛り上がりました。ここで確かFairy属性のMCが入りましたが、次は「Fairy Taleじゃいられない」を歌うぞという雰囲気をバンバン出していたのは、イントロの静かで落ち着いた雰囲気から一気に盛り上がる感じが大好きなので少し残念でした。

ZETTAI × BREAK!!とMarionetteは眠らないという2タイプの盛り上がる曲を挟み、Silent JokerとCAT CROSSINGが歌われました。

Silent Jokerはアイルから始まりRaise the FRAGと続く瑞希のカッコいい曲です。MCでおっしゃってたように、燃えるように激しく歌う阿部里果さんに呼応するかのように会場のボルテージも上がりました。

CAT CROSSINGはムビマス辺りの尖った志保に向けて、ミリオンでの経験、特にクレブルを通して少し柔らかくなった志保からのメッセージ的な意味が込められていると思っています。MCでも触れられましたが、雨宮天さんは北沢志保役として2014年のM@STERS OF IDOL WORLD!!2014というライブで、同じSSAのステージに立っているんですよね。当時は逃げたくなるほど緊張し手足も震えていたけど、志保ならどんな時でも精一杯のパフォーマンスをすると言い聞かせて臨んでいたと。この経験がお守りになって、「志保さんとSSAだって乗り越えたんだから大丈夫!」と背中を押してくれたそうです。あれから4年、雨宮天として、北沢志保として積み上げてきたものが表現されていると感じました。

そして星屑のシンフォニア。この曲はミルキーウェイというユニットの曲なのですが、今ライブでは、ミルキーウェイと対のようなポジションのARRIVEというユニットのリーダーである可憐役の近藤唯さんがセンターを務めてくれました。僕はこの曲を、ミリオンスターズの一人一人を星屑に例え、彼女たちが共にシンフォニーを奏でるという、ある意味では全体曲みたいなイメージを抱いていたので、全員オリメン以外で歌ってくれたことが嬉しかったです。また、『たどり着いたゴールは次へのスタート』という歌詞があります。ミリオンライブは武道館公演を目標にやってきました。昨年の4thライブでは夢の武道館公演という「ゴール」をし、ミリシタ発表という「次へのスタート」をした状況に良く合っていると思いました。

ソロ曲ラストを締めくくるのは、ミリシタからの新人二人。トリはまだ荷が重すぎるんじゃないか?と思っていましたが、全くそんなことはありませんでした。二人とも堂々と歌っており、観客全員が聴き惚れていました。

<二日目>

こちらも一曲目は前日と同じですが、二曲目にFTじゃいられないが来ました。前日では少し残念な部分がありましたが、二日目は一曲目の後、次は何の曲が来るのかというドキドキ感の中でイントロが流れたので、「やっぱこれだ~~!」ってなりました!

Only One SecondはCD音源でも強かったのですが、ライブだと駒形友梨さんの気迫ある歌声で更に強く、パフォーマンスに見入ってしまいました。

プリンセス・アラモード、満腹至極フルコォス、たんけんぼうけん☆ハイホー隊、スポーツ!スポーツ!スポーツ!と盛り上がる曲が続きます。コールもたくさんある曲ばかりで、会場のボルテージはMAXでした。

そして(確か)MCを挟み、朋花のSisterという楽曲が歌われました。この曲は朋花の声優である小岩井ことりさんが作詞作曲をされています。実はライブ前はこの曲のことがあまり好きではなかったのですが、ライブを通して多くの発見をし、好きになることができました。本当にありがとうございます(詳しい解釈は個人的にブログに書くつもりなので良かったら見に来てくださいね)

昏き星、遠い月はミリオンでは初(?)のヘッドセットが使われ、かなり本格的に舞台をやっている印象がありました。歌もそうですが、セリフに魂が込められていて震えました。

何といっても外せないのがジレるハートに火をつけてです。4thでは琴葉役の種田梨沙さんの不在以外はオリメンでこの曲を、鬼気迫る表情で歌っていたのが印象的でしたが、今ライブではフルメンが揃い、どこか柔らかく楽しそうに歌っていたのが印象的でした。

Blue Symphonyを歌ってからのSTANDING ALIVE。この曲は前述したARRIVE(ミルキーウェイと対みたいになっているユニット)の曲です。この曲に『ずっと”そこ”へ辿り着こうと走っていたよ』、『きっと”ここ”がそうなんだよってキミの瞳が教えてくれた』という歌詞があります。MoIW2014でミリオンライブとして初の大きなライブ、765AS・シンデレラと合同で立ったSSAの舞台に、今度はミリオンライブ単独で立っているということに良く合っている歌詞だと思います。

二日目のソロ曲のトリはSING MY SONG。CD音源だと柔らかい歌声なのですが、ライブではバリバリに力強く歌っていました。静香がアイドルをやっていられるのは中学まで。そんな中で必死にもがき音楽に乗せて自分の全てを届けたい、そんな静香の内面を表した素晴らしい曲だと思います。

両日ともラストの曲はDreaming!、アンコールにUNION!!とThank you!でした。UNION!!は新曲で、これからもミリオンスターズ全員で団結して歩いていこうという希望を感じられる曲だったと感じました。

二日間を通し、これからのミリオンに期待を寄せられる頼もしい公演だったように思いました。来年には6thの全国ツアーも決まり、今から楽しみです。

では、以上でミリオンライブ5thライブ BRAND NEW PERFORM@NCE!!!のレポートを締めさせていただきます。長いうえにM@RiNEで記事を書くのが初めてなので拙い文章になってしまったにもかかわらず最後まで読んでくださった方、本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.