M@RINEプロデューサーによる、ちょっとプラチナスターズ語らせろ~真編~

やっぱり、シェアですよ!シェア!Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

皆さん、アイドルマスター!

生きてる現役生ってわけでもないのに度々登場はいとPです。

前回のスコア編で次は真編でと言ったのでちゃんと真編で帰ってきました。

※本記事はプラチナスターズでの真のアイドルEXライブクリアまでのネタバレを含みます。読む方はご注意ください。

 

真編は

「かわいくって、ちやほやされるアイドルになりたい」

という真の理想を目標に進めていく事になります。

最初はかわいいのベクトルがずれていて、あれはあれでカワイイのですが、見た目からのイメージを押してあの路線で行けるかとなると怪しいところです。

ランクがE、Dと上がっていくにつれかっこよくなった原因と新たな魅力が見えてきます。原因は元レーサーの父親の影響、新たな魅力は自然体での意識しない可愛らしさ。

Dに上がったばかりでは自覚できておらず、まだ自分の魅力に気付いていない真にCランクにあがって転機が訪れました。それが買い出しに行ったときに力仕事禁止にエスコートされるという経験。いつもと逆の立場に「なんだか落ち着かなかったし、ずっとくすぐったかったです」「何もさせてもらえなくてもどかしい」という感じと素直に嬉しいという感情を覚えました。

さらにBランクに上がってからは事務所の中からも変化に気付いてもらえるようで、春香達に「最近、ボクと女の子っぽい話をしやすくなった」ということを言われるようになるくらいの進歩を遂げています。真自身「前に出て誰かをリードして、いっつも助けようとしていた」「しっかりしようとしすぎていた」という過去の自分から「信じて身を任せたいって思ってる」といえるくらいまでの柔らかさを身につけられています。

そしてEXライブのクリア時には

「かわいくて、ちやほやされちゃって、りりしくて、強くって、優しーいアイドル」

という自分の中の本当の理想を見つけ出します。そして最初の到達点であったEXライブをクリアして、新たに自分が見つけた理想をどこまでも追い求め始めます。

 

とまあざっくりと展開を語ってみましたがどうも文章下手ですね。

それは置いといて、最終的にプロデューサーに欲張りといわれるくらいの目標を見出した訳ですが自分の魅力に気付き、それを引き出す方法を得たからこその目標とも言えるのではないでしょうか。そして、あるがままの真の魅力はそのすべてを手に入れるにふさわしものだと思ってます。しかし自覚するだけでこれだけのポテンシャルを発揮できるってすごいですよね。

あとこのストーリーを読んでいて、LTH07の真がリーダーを務めたBIRTHのユニット曲”Birth of Color”の歌詞が浮かんできました。なんだか今回のストーリーを先に書いてたんではないかっていうくらいのシンクロ率があるような気がしています。歌詞では「クール」と「カワイイ」だけでしたが、今回は魅力全部で輝いてくれるんじゃないかなって思えてしまいます。

 

ただどうしても納得いかないというか、物足りないところがありまして。一応EXライブは全員分クリアしたのでどんなストーリーでどんなコミュがあったのか知っています。なのでEXライブでやよいには「ハイ、ターッチ!」があるのも知っているのです。

けど真との「ダーン!」がない、、、

そうこの1点においてモヤっとするのです。真とのEXライブ前、当然気合を入れるならと拳を握りしめ構えていました。しかしライブ前にそのコミュは来ず、きっとライブ後に「へへっ、やりましたよ、プロデューサー!」みたいな感じで来るのかなと思い、再度握りしめた拳も行先はなし。この構えた拳はどこにやったらいいというのですか、、、

 

切り替えまして

クリア後のストーリーの最後に「乙女なボクのエスコート、これからもよろしくお願いしますねっ、プロデューサー♪」って言われましたが、言われるまでもなくこちらからお願いしたいなと。それにこのエスコートってイメージに私の理想とするプロデューサー像があると思っています。

それは、共に歩み、時にリードし支え、そしてアイドルを理想に届かせる。そしてその道の上でアイドルに恥じないようにしていくことではないかと。

そして私自身はプロデューサーとしての自分がそうあれかしと願うばかりです。

 

最後に真の成長、アイドルとしての理想、私のプロデューサーとしての理想、そしてこれからの道を見せてくれた今回の真編に感謝を。

 

長くなってしまいましたが、今回はここら辺で。

また次回何かしらの記事でお会いしましょう。

 

それでは、みなさんアイドルマスター!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.