M@RiNEプロデューサーによる、プラチナスターズちょっと語らせろ~スコア編~

やっぱり、シェアですよ!シェア!Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

皆さん、アイドルマスター!

久しぶりの登場、はいとPです。

 

今回は私が真Pでもあるので真編と行きたいのですが、EXライブ終わってません。ごめんなさい。

代わりといってはなんですが、ライブの際に重要となるスコアについてここ2日でまとめた自分の考察をお話しようかと思います。(これを書いている前日に考察しようと思いつきました。)

※本記事はあくまで個人的な考察を元にしているため絶対とはいいきれません。そして微妙に長いです。読む方はご注意ください。

 

さてスコアって何について語るのよ?ってことになると思います。

内容としては

1.楽曲のレベルってなにか影響するの?

2.思い出アピールやバーストアピールってどれくらいのスコアが出るの?

3.APPEAL値と楽曲とPERFECT時のスコアの関係

この3つについて語ろうかなって思います。

 

では、話を進めていきましょう。

1.楽曲のレベルって何か影響するの?

2やOFAでは楽曲の状態に応じてスコアに一定の倍数がかかり、スコアが稼ぎやすくなっていました。例えば、FRESHなら「×1.5」、KEEPで「×1.3」など状態に応じてスコアに補正がかかっていました。

しかし今回はAPPEAL値を同じにして、レベルの違う同一の楽曲をプレーしたところ、一回のPERFECTあたりのスコアに変化はありませんでした。つまり今作において楽曲レベルに応じてのスコア補正はかからないと考えられます。

では、何が違うのでしょうか。それは10チェインごとに加算されるチェインボーナスのスコアです。

そのスコアは 「25+25×楽曲のレベル」 という式で表されるようです。

まあ、早い話がNEW(レベル1)で50、FRESH(レベル2)で75、KEEP(レベル3)で100、BREAK(レベル4)で125という感じになるようです。残念ながらBREAK以上に楽曲レベルをしていないためその先がわからないのですがおそらく上の式に応じて加算されるでしょう。

 

続いて

2.思い出アピールやバーストアピールってどれくらいのスコアが出るの?

これはかなりわかりやすく設定されているので語られるまでもないよって方多いかもしれませんね。

ぶっちゃけると

思い出アピールはソロでOMOIDE値の等倍、デュオで1.5倍、トリオで2倍になります。

で、バーストアピールの方はバースト形式によって一定の倍率が設けられているようです。

一部だけですがわかっているところで

デュオバーストⅣが5.5倍、トリオバーストⅠが6倍、トリオバーストのⅡが6.5倍といった感じです。

倍率自体がわりとわかりやすく設定されているため、すぐ計算できると思います。その他のバースト形式の倍率は今後の課題にしていきたいと思います。(この形式は倍率これだよ、という情報も歓迎です。)

 

さて、最後のお題にいこうと思います。

3.APPEAL値と楽曲とPERFECT時のスコアの関係

全難易度ではないのですが今回は楽曲の難易度PROに関してのお話になります。(MASTERとかまだ出てないですし、、、)

考察した条件として

・楽曲難易度はPRO

・衣装タイプ(アイドルとかキラキラガールとかのあれ) → 一致(スコア補正無し)

・衣装イメージ(クールとかクレバーとかのあれ)はなし → 一致として計算(スコア補正無し)

で、行っています。

 

まず、PERFECT時のスコアを求めるうえで必要になるのが、楽曲の実ノーツ数になります。

実ノーツ数って何ぞや?というのに関してはこれから説明します。

実ノーツ数を求めるにあたって必要なのが

①:バーストアピール前に○、□、△、×のいずれかを押すノーツ数

②:バーストアピール前に○、□、△と同時に対応する十字キーを押すノーツ数

③:バーストアピール後に○、□、△のいずれかを押すノーツ数

④:バーストアピール後に○、□、△と同時に対応する十字キーを押すノーツ数

※長押しは押した時と離した時でそれぞれ1としてカウントします。

 

この4つになります。で、この4つを元に求められる実ノーツ数は

「実ノーツ数 = ①×1 + ②×2 + ③×2 + ④×4」

以上の式で求められます。

ここで求めた実ノーツ数を使い、PERFECT時のスコアの素点を出します。

「素点 = APPEAL値 × 60 ÷ 実ノーツ数」

この素点から①~④のPERFECT時のスコアを出していきます。

①のPERFECT時のスコアは「素点の整数部」になります。

②のPERFECT時のスコアは「①の2倍」になります。

③のPERFECT時のスコアは「素点 × 2 の整数部」になります。

④のPERFECT時のスコアは「③の2倍」になります。

 

例としてHAPPY!を上げたいと思います。

HAPPY!は

①が149ノーツ、②が9ノーツ、③が53ノーツ、④が9ノーツになります。

これより実ノーツ数は 149 × 1 + 9 × 2 + 53 × 2 + 9 × 4 = 309ノーツとなります。

で、APPEAL値が391でライブを行うと

素点が 391 × 60 ÷ 309 = 75.922… となります。

これより

①のPERFECT時のスコアが素点 75.922… の整数部で 75

②のPERFECT時のスコアが①の2倍で 150

③のPERFECT時のスコアが素点 × 2  = 151.844… の整数部で 151

④のPERFECT時のスコアが③の2倍で 302

と求められるわけです。

一応実測値と一致していますし、いろいろライブをして他の楽曲、APPEAL値でも試したので正しいのではないかなって思ってます。

今後は他の難易度や、衣装タイプとかの補正に関しても考察できたらなって思います。

 

以上がここ2日でまとめたスコアに関する考察になります。

長々とありがとうございました。

次回は真編でお会いできることを願って。

それでは、みなさん!アイドルマスター!

 

8/25 追記

季節末のメドレーライブでは

「素点 = APPEAL値 × 60 ÷ 実ノーツ数」

ではなく

「素点 = APPEAL値 × 30 ÷ 実ノーツ数」

で計算されているようです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.