Our world is full of joy!! アイドルマスターシンデレラガールズ10話レビュー

やっぱり、シェアですよ!シェア!Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+

初めまして。キャスターPからのバトンを受けまして10話レビューと担当します寝太郎と言います。よろしくお願いします。
以下、微量ながらネタバレを含みます。ご注意ください。


さて、10話ですが、きらり・莉嘉・みりあの新ユニット『凸レーション』のお話です。9話のCANDY ISLANDに続いて意外な組み合わせですね。
凸レーションとPはコラボイベント梯子の最中、原宿でクレープを食べようとしていたところ、凸レーションはスナップのスカウト、Pはいつものアレ()をされて、はぐれてしまい、、、というストーリーとなっています。

いやぁ、きらり可愛いですね。ビックリするほど可愛かったです。Pにクレープをあーんしようとするシーンは
きらり「さき、、、たべゆ?」
僕「たべゆぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっ!!!」
って画面に頭突っ込むかと思いました。天使ですね。危ないところでした。

10話は全体的に、普段見れない表情が見れる1話であったと思います。
莉嘉が心配をかけないように足を痛めたことを黙っているシーンや、みりあが「自分が走り出したことではぐれたのでは?」としょんぼりするシーン、きらりが「自分がクレープを食べに行こうと提案しなければ、、、」と落ち込むシーンは、普段見れない3人の表情でしたね。
また、今回は莉嘉絡みといことで、姉ヶ崎こと美嘉さんも登場します。彼女からは妹を心配する姉としての顔を見ることができます。
そして10話の表情個人的MVP、Pを迎えに行くちひろさん、、、怖い、、、スター○ラチナでも出せそうな顔してますね。単に暗いだけだと信じたい、、、
(なお、次点は美嘉に勧められて笑おうとするPの顔でした。こちらもちょっと怖かったのですが、ちひろさんの圧倒的気迫にはかないませんでしたね。いつか満開の笑顔を見せてほしいです。)

次は、毎回恒例時計の描写+CP外ガールズ登場。今回は9話から1分進んだ45分でした。つまりあと15話程度ということですかね?早い、、、早すぎる、、、
CP外ガールズは今回一挙に5人!すごいですね、、、出し惜しみ一切なしですね、、、誰が出てきたかは本編を見てのお楽しみということで。

また、新ユニットについてですが、終盤でみりあの奇策により、凸レーション3名はとあることをしながら次の現場に向かうシーン。ここに、凸レーションの特色が現れていたのではないかと思いました。
あの発想・行動は凸レーション3人だからことできた行動であり、3人の天真爛漫さが表されているいいシーンであったと思います。

次に新曲についてです。タイトルは『Let’s Go Happy!!』となっており、8,9話同様、EDに使用されています。3人の楽しそうなイメージが伝わる1曲ですね。ぜひ、ライブで「L!O!V!E!ラブリーりーか!!」ってやりたいですね。

以上10話レビューでした。いろいろ大盛りでしたね。とても大満足の一話でした。

次回は『Can you hear my voice from the heart?』(訳:あなたは、私の心の声を聞くことができますか?(間違ってたらごめんなさい))とのことでみくにゃん・りーな回のようですね。この二人組ませて大丈夫なんですかね、、、?

次回レビューは指名式とのことですが、とき二キこと、ときちゃんPにお願いしようと思います。

拙文ではありましたが、お役にたてば幸いです。

それではみなさん、闇に飲まれよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.