THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 4th LIVE Tri Castle Story BrandNewCastle&346Castle&FutureCastle

みなさんこんばんは、アキトPです!

10月15日16日にさいたまスーパーアリーナで行われたシンデレラガールズ4thライブ埼玉公演に両日現地参加してきたのでその感想をしたためさせていただきたいと思います。

まずはシンデレラライブ恒例となったCygamesによるフラスタもとい課金城。上部中央のモニターでは出演アイドル全員が登場するMVが流されていました。そして今回の目玉は課金城左右に設置されたモニターで上映されていた各アイドルソロのMV!これはtwitterにてハッシュタグ#imascg_4thLIVEのツイート数に応じてアイドルのダンス映像が解放されていく企画で、モニター前には担当アイドルの晴れ姿を見ようと長蛇の列が出来ていました。imageimage

 

また課金城内部ではシンデレラガールズ5周年を記念して、歴史を振り返るPVが上映されており、懐かしい映像とにくい演出にウルッと来てしまいました。。。

さてライブに関してなのですが…とにかく凄かった(小並)

私の拙い語彙力では到底表せないほど、驚きや幸せ、喜びの感情、そしてシンデレラガールズの今までとこれからについて、たくさんの要素が詰まったライブだったと感じています。

全部について振り返るのは不可能なので、いくつか私自身印象残ったところをかいつまんでいきたいと思います。

初日のBrandNewCastleは今までのライブやアニメの中心としてこれまでシンデレラガールズを支えてきたシンデレラプロジェクトのメンバーは参加せず、2ndや3rdライブで仲間に加わったアイドルたち、そして初めてのライブ出演となる新しい顔ぶれがそろった、まさにBrandNewなライブでした。

第五回総選挙でデビューし、シングルメンバーに選ばれた佐藤心、森久保乃々、三船美優、依田芳乃の四人が初日開幕の導入アナウンスを担当。いつものようにちひろさんかな~と思っていたら、「アナタのはぁとをシュガシュガスウィート☆」と心さんがぶっこんできて開いた口がふさがりませんでした笑

2日目の346Castleではプロデューサー役の武内くんがステージ上に姿を現し、開幕の口上を述べると、シンデレラプロジェクトを中心としたメンバーがアニメ楽曲を披露。そしてM@GIC☆、夢色ハーモニーが終わると描き下ろしのメモリアルイラストが写される演出の後、FutureCastleの門が開かれ、シンデレラたちのこれからを示した新曲がたくさん披露されました。

ステージで目を引いたのは衣装。なんと全員が各アイドルをモチーフにした個別衣装(元ネタはゲーム内イラストやデレステSSR衣装)に身を包み、遠目からでも誰が、どのアイドルなのかが一目でわかるようになっていました。この個別衣装により視覚的にも、まさに「アイドルがそこにいた、実在した!」と感じることが出来、とても嬉しい演出でした。

また最近デレステやアニメからシンデレラガールズの世界を知り、アイドルと声優さんが一致しないという人も少なからずいるであろうこのタイミングで、このように誰が見ても見分けやすいような演出を仕掛けてきた運営の手腕に驚かされます。

いくつか楽曲について:BrandNewCastle編

共鳴世界の存在論 「まさに二宮飛鳥は実在した」と言わんばかりの圧倒的ビジュアルとパフォーマンス。最後の口上、「さあ行こうか」には痺れましたね!

青の一番星 京都出身の紗枝はんと周子のユニット「羽衣小町」がついにSSAで実現!二人とも着物スタイルの衣装がとても似合っており曲調とマッチしていました。しゅーさえ万歳。

RadioHappy → 気持ちいいよね一等賞! → Can’t stop!!

テンションと盛り上がりが天元突破したPa曲3連番。特にRadioHappyは個人的に聴きたかった曲だったので、NaNaNaNaNa聴かせてシンガロング・ナウの会場全体の一体感と、山下七海さんのリアル唯感に思わず涙してしまいました。

サイキック輿水幸子 今までラジオにもイベントにもなかなか来れなかった幸子がサプライズですよ、感無量です。「フフーン!可愛いボクにみなさんが会いたがっていると聞いて、SSAまで来てあげましたよ!」

Hotel Moonside 王子志貴くんちっすーのViVoDa3点盛りでオーバーキル

ハイファイ☆デイズ →みんなのきもち まさかの幸子サプライズでは終わらずニナチャーンサプライズ!記憶がありませんごめんなさい。ウッキッキー!

5周年記念曲 EVERMORE 「先へ先へ、夢の先へ」という歌詞からも分かるように、とにかく未来志向で、シンデレラたちのこれからを指し示す曲でした。早くフルで聞いてみたい!

いくつか楽曲について:346&FutureCastle編

Memories ついにラブライカが揃い、ラスサビでは蘭子が参加するというアニメ13話の再現には心打たれました。そのまま初めてのLEGNE蘭子ソロで会場のボルテージは最高潮。

Trancing Pulseでガードを崩されたところに「こいかぜ」。会場全体が緑に染まり、1stライブ以来の楓さんの歌声に聴き入っていました。

Nocturne  こいかぜの余韻覚めやらぬまま川島さんサプライズ出演からの本家Nocturneには全てを持っていかれましたね…(なにを)

Yes!PartyTime!! とにかく楽しい!ウェーブをきれいにキメたいですね!

NUDIE★ 2014年合同ライブでSSAに初めて立ち、緊張しながらもTOKIMEKIを歌いきったるる。そんな彼女があの時から成長を重ね、美嘉の新しい曲であるNUDIE★を、カリスマを溢れさせて歌うその姿に魅了されました。

以上楽曲の感想でした。全公演に参加した身として感じたのは、4thライブは、Starlight Castle(スターライトステージ)、BrandNewCastle(モバゲー版シンデレラガールズ)、346Castle(アニメ)、そしてFutureCastle(未来)の全ての公演を通じてシンデレラガールズの世界を現している、ということです。どのお城もシンデレラガールズには欠かせない存在だと実感しました。

多くのサプライズやユニット再現などたくさんの伝説が生まれた4thライブでした。彼女たちの活動はここで終わるのではなく、夢の先があります。武内Pが言っていたように、これからも私たちで彼女たちの未来を開いていきましょう!image

(寝太郎P撮影)

imageimage