「イベント参加」カテゴリーアーカイブ

MILLION LIVE! 5thLIVE BRAND NEW PERFORM@NCE!!!参加レポート

こんにちは、だるまです。

ミリオンライブ!5thライブのレポートを書かせていただきます。

最初に一つ。gree版アイドルマスターミリオンライブがサービス終了しミリシタ一本になって初めてのライブ、”5th”と銘打ってはいますが、ある意味では”1st”の側面も持ち合わせていたように感じました。ライブ前には「ミリシタからの曲(MSとMTG)しか歌われない」と思われているようでしたが、LTPやLTHの楽曲も歌われており、gree時代からミリオンを触っている身としては嬉しかったです。

今ライブは自由にユニット編成ができるミリシタにちなんで、ユニット曲にオリジナルメンバーを入れないという面白い挑戦が行われました。もちろんそのユニットのオリメンで歌ってほしいとも思いますが、オリメン以外のアイドルが歌うことでそのアイドルや曲の新たな一面を発見できるので良い挑戦だなと感じました。
それでは、一日目と二日目に分けてレポしていこうと思います。

<一日目>

開幕Brand New Theater!からの未来形ドリーマー。ミリオンのセンターである未来の新曲を初っ端に持ってくることで、これから新たなミリオンライブ像を作っていくんだという意気込みが感じられました!

その後もEternal Harmony、AIKANE?と盛り上がる曲が続きます。エタハモは志保、星梨花、麗花というクレブルを意識したようなメンバーになっていたのが印象的でした。『それぞれのカラー溶けあって そう ひとつに重なるメロディー』や志保役雨宮天さんが歌唱した『もう「ひとりきり」なんて思わないよ』など、クレブルのストーリーにもマッチする歌詞だったという発見ができました。

亜利沙のTake!3. 2. 1. → S・P・A・C・E↑↑、Oli Oli DISCO、空に手が触れる場所、Sentimental Venusの流れも会場中が盛り上がりました。ここで確かFairy属性のMCが入りましたが、次は「Fairy Taleじゃいられない」を歌うぞという雰囲気をバンバン出していたのは、イントロの静かで落ち着いた雰囲気から一気に盛り上がる感じが大好きなので少し残念でした。

ZETTAI × BREAK!!とMarionetteは眠らないという2タイプの盛り上がる曲を挟み、Silent JokerとCAT CROSSINGが歌われました。

Silent Jokerはアイルから始まりRaise the FRAGと続く瑞希のカッコいい曲です。MCでおっしゃってたように、燃えるように激しく歌う阿部里果さんに呼応するかのように会場のボルテージも上がりました。

CAT CROSSINGはムビマス辺りの尖った志保に向けて、ミリオンでの経験、特にクレブルを通して少し柔らかくなった志保からのメッセージ的な意味が込められていると思っています。MCでも触れられましたが、雨宮天さんは北沢志保役として2014年のM@STERS OF IDOL WORLD!!2014というライブで、同じSSAのステージに立っているんですよね。当時は逃げたくなるほど緊張し手足も震えていたけど、志保ならどんな時でも精一杯のパフォーマンスをすると言い聞かせて臨んでいたと。この経験がお守りになって、「志保さんとSSAだって乗り越えたんだから大丈夫!」と背中を押してくれたそうです。あれから4年、雨宮天として、北沢志保として積み上げてきたものが表現されていると感じました。

そして星屑のシンフォニア。この曲はミルキーウェイというユニットの曲なのですが、今ライブでは、ミルキーウェイと対のようなポジションのARRIVEというユニットのリーダーである可憐役の近藤唯さんがセンターを務めてくれました。僕はこの曲を、ミリオンスターズの一人一人を星屑に例え、彼女たちが共にシンフォニーを奏でるという、ある意味では全体曲みたいなイメージを抱いていたので、全員オリメン以外で歌ってくれたことが嬉しかったです。また、『たどり着いたゴールは次へのスタート』という歌詞があります。ミリオンライブは武道館公演を目標にやってきました。昨年の4thライブでは夢の武道館公演という「ゴール」をし、ミリシタ発表という「次へのスタート」をした状況に良く合っていると思いました。

ソロ曲ラストを締めくくるのは、ミリシタからの新人二人。トリはまだ荷が重すぎるんじゃないか?と思っていましたが、全くそんなことはありませんでした。二人とも堂々と歌っており、観客全員が聴き惚れていました。

<二日目>

こちらも一曲目は前日と同じですが、二曲目にFTじゃいられないが来ました。前日では少し残念な部分がありましたが、二日目は一曲目の後、次は何の曲が来るのかというドキドキ感の中でイントロが流れたので、「やっぱこれだ~~!」ってなりました!

Only One SecondはCD音源でも強かったのですが、ライブだと駒形友梨さんの気迫ある歌声で更に強く、パフォーマンスに見入ってしまいました。

プリンセス・アラモード、満腹至極フルコォス、たんけんぼうけん☆ハイホー隊、スポーツ!スポーツ!スポーツ!と盛り上がる曲が続きます。コールもたくさんある曲ばかりで、会場のボルテージはMAXでした。

そして(確か)MCを挟み、朋花のSisterという楽曲が歌われました。この曲は朋花の声優である小岩井ことりさんが作詞作曲をされています。実はライブ前はこの曲のことがあまり好きではなかったのですが、ライブを通して多くの発見をし、好きになることができました。本当にありがとうございます(詳しい解釈は個人的にブログに書くつもりなので良かったら見に来てくださいね)

昏き星、遠い月はミリオンでは初(?)のヘッドセットが使われ、かなり本格的に舞台をやっている印象がありました。歌もそうですが、セリフに魂が込められていて震えました。

何といっても外せないのがジレるハートに火をつけてです。4thでは琴葉役の種田梨沙さんの不在以外はオリメンでこの曲を、鬼気迫る表情で歌っていたのが印象的でしたが、今ライブではフルメンが揃い、どこか柔らかく楽しそうに歌っていたのが印象的でした。

Blue Symphonyを歌ってからのSTANDING ALIVE。この曲は前述したARRIVE(ミルキーウェイと対みたいになっているユニット)の曲です。この曲に『ずっと”そこ”へ辿り着こうと走っていたよ』、『きっと”ここ”がそうなんだよってキミの瞳が教えてくれた』という歌詞があります。MoIW2014でミリオンライブとして初の大きなライブ、765AS・シンデレラと合同で立ったSSAの舞台に、今度はミリオンライブ単独で立っているということに良く合っている歌詞だと思います。

二日目のソロ曲のトリはSING MY SONG。CD音源だと柔らかい歌声なのですが、ライブではバリバリに力強く歌っていました。静香がアイドルをやっていられるのは中学まで。そんな中で必死にもがき音楽に乗せて自分の全てを届けたい、そんな静香の内面を表した素晴らしい曲だと思います。

両日ともラストの曲はDreaming!、アンコールにUNION!!とThank you!でした。UNION!!は新曲で、これからもミリオンスターズ全員で団結して歩いていこうという希望を感じられる曲だったと感じました。

二日間を通し、これからのミリオンに期待を寄せられる頼もしい公演だったように思いました。来年には6thの全国ツアーも決まり、今から楽しみです。

では、以上でミリオンライブ5thライブ BRAND NEW PERFORM@NCE!!!のレポートを締めさせていただきます。長いうえにM@RiNEで記事を書くのが初めてなので拙い文章になってしまったにもかかわらず最後まで読んでくださった方、本当にありがとうございました。

THE IDOLM@STER SideM「Five-St@r Party」

皆さんこんにちは!!!久しぶりじゃないです、しるばーです。

今回は5月20日に行われたアニメ アイドルマスターSideM「Five-St@r Party」についてのレポートを書きたいと思います!!!

出演はJupiterDRAMATIC STARSBeitの堀江瞬さんと高塚智人High×JokerWS.E.Mの6ユニットと山村賢役の河西健吾さんとプロデューサー役の石川界人さんです。

レポートですが!!!内容の方を昼夜併せてザックリお届けします!

なぜなら既に円盤の発売が決定してるからです~!

買ってね!!!(宣伝は基本)

https://www.aniplexplus.com/itemEtobwzVO

さて内容の方はReason!!のアニメ再現 、五つ星獲得を目指したゲームコーナー、カエールの大冒険、アイドルがプロデューサーに感謝を込めて開いてくれる打ち上げパーティーに関する朗読、ミニライブなどでした!

ゲームコーナーでは昼の部ではアニメの合宿会であったチーム分けで、夜の部では属性分けでした!

昼の部ではダンスチームの玉入れが面白かったです!ダンスをしながらの玉入れでみんながわちゃわちゃと玉をぶつけたり、フードに入れたりしてました!まさかタマが犠牲になるとは…

夜の部ではインテリチームの順位当てゲームでの「榎木さんが選ぶ好きな英単語」と「内田さんが選ぶ好きな肉の部位」というカオスなテーマで非常に面白かったです!

ダーツでは夜の部で仲村宗悟さんがミラクルを起こしてしまったのが印象的でした!ぜひ円盤で確認してほしいと思います!(宣伝は基本)

そして、315プロダクションの社歌をみんなで歌いました!

河西さんと石川さんが歌ったのは貴重です!

朗読ではアイドルみんなからのメッセージでとても感動しました!

 

寺島さんが言ったとおり「アニメの打ち上げ」としてのイベントは本当に楽しかったです!!!

最後のキャストの挨拶では「4thで会いましょう 」(発表されてない)や、「46人のアイドルで2期がやりたい」「俺たちが一番2期やりたいと思ってる!!!」(発表されてない)、「劇場版やりたい!!!」(発表されt)

などなど、プロデューサーよりもキャストの方が強欲だということに気づかされました!

特にアニメ2期は本当にやってほしいですね!大人の事情もあると思うので1年後か2年後か、はたまたそれ以降になるかわかりませんが、それまで気を長くして待っていようと思います!

SideMは3rdとアニメと、いろいろ落ち着いた時期になった(はず)なので今が始め時だと思いますよ!!!(WTシリーズが始まってる、いつも始め時だったりする)

アニメの円盤レースもそろそろ終了ですが、3rdツアーの円盤がスタートするのかな?なんて思ってます!終わらない円盤レース頑張りましょう…

そして、今回は残念ながら参加することができなかった、病気療養中の梅原裕一郎さんの早いご快復をお祈りしています。
梅原さんは昔「Beitは3人そろってBeitですから」とおっしゃっていました。そんなBeitファミリーが再び3人揃ってステージに立つ日を待っています!

それではまた、そう遠くない未来にお会いしましょう~~~!

 

SideM 3rdLIVE TOUR GLORIOUS ST@GE 静岡公演2日目

皆さんおはドラ!しるばーです!!!ついにSideM3rdツアーライブラストの記事更新となります!

2018年4月29日に行われたこのライブの出演者はDRAMATIC STARSHigh×JokerS.E.MFRAMEAltessimoLegendersの6ユニットと、サプライズゲストでWから菊池さん(蒼井悠介 役)と神速一魂から益山さん(紅井朱雀 役) が登場されました。

それでは今回もセットリストを追いつつ感想を述べていこうと思います!

まずは「Reason!!」
3rdツアーではお馴染みとなった開幕曲ですが、幕張ぶりの仲村宗悟さんの「そうだろ!」が聴けたことが本当に嬉しかったというか、(表現は難しいですが)ドラスタが帰ってきたというかなんというか、個人的に安心感のようなものを感じました!

そしてユニット曲1曲目は「HIGH JUMP NO LIMIT」
1stライブを彷彿とさせる切り込みユニットHigh×Joker登場です!

次はS.E.Mの「Study Equal Magic」
実は披露されるのが幕張初日以来!会場一体となってタケノコをやりました!

そしてまだ序盤なのに「MOON NIGHTのせいにして」
完全に油断してました!慌ててUOを折りました。
しかしムンナイも何回も披露されてみんなお祭りのようにUOを折ってコールができるようになった雰囲気がありました。しかしドラスタのセクシーさは披露するたびに成長してますね!

続いて「Legacy of Spirit」「Tone’s Destiny」「Swing Your Leaves」とユニット曲連続の序盤戦でした!

MCを挟んで3rdの目玉!ソロ曲!「Undiscovered WORLD」
未知なる海を探し航海してきたクリスが見つけたのは、アイドルという世界、そしてLegendersというユニットなのでしょうか、そんなことを考えてしまいました。ソロからのクリスがセンターから始まるLegendersのユニット曲「Symphonic Brave」は本当に感動しました!

そしてAltessimoのターン、「Never end 「Opus」」からの圭ソロである「Sanctuary World」、音楽の世界に誘われるような土岐さんの圧倒的歌唱力に会場が引き込まれてしまいました!

ここから次郎ソロの「GOLD ~No.79~」
歌いながら椅子にドーンを座って登場する中島ヨシキさんに、開場の空気は一転して大爆笑に。面白いけどカッコいい!そしてメッセージ性のある歌にS.E.Mらしさを感じました!

続いては「サ・ヨ・ナ・ラ Summer Holiday」
打って変わってS.E.Mのラブソング、本当にこのユニットのパワーはすさまじいですね。

そこから「夜空に煌めく星のように」
来ると思っていた大好きな曲です!ドラスタとハイジョの8人が本当に楽しそうに歌っているのが印象的でした!

MCを挟み、恒例の思い出ボムムービータイム、3rdツアーではここから衣装が共通衣装(エムステSSRモチーフ)になるのですが、ここで予想外のイントロが

ステージには4人のシルエットが!(SideMに4人ユニットはない)

ここで「永遠なる四銃士」のイントロとステージ上に熊谷さん、宗悟さん、笠間さん、そしてサプライズゲストの益山さんが映し出されました!
新CDシリーズ「WORLD TRE@SURE」の永遠なる四銃士がオリジナルメンバーで初披露です!ヘッドセットで剣を携える4人は本当にカッコよかったです!

(ここで個人的主観の小話、4人の共通点として、輝と朱雀と英雄は「ヒーロー」という共通点があったり、雨彦は掃除屋(???)として世の中を不浄から守っていたり、そんなメンバーということを知っておくとこの曲の考察が捗ると思います)

そしてWORLD TRE@SUREシリーズがきたということは、次の曲は、そう「トレジャー・パーティ!」
トロッコに乗ってサプライズゲストきくてぃ(菊池勇成さん)と濱さんと白井さんが登場!ハイホー!
トロッコで見つけたお宝は「会場のみんなの笑顔!」
一周してステージに戻ってきた3人はエムステのダンスを披露!(LIVE ON ST@GE参照、好評配信中!)

小話ですがこのサプライズは実はなんとなく予想してました!
実は静岡の2日間で1人ずつオリメンが足りなかったので、オリメン欠けて2日連続で披露されるか、片方でサプライズで登場かな?なんて思っていました!ユニット越境ですが全員揃って初披露してくれたことが嬉しかったです!

サプライズもありいよいよ終盤戦!

「サイコーCOUNT UP!」ハイパーアゲアゲです!バックダンサーは榎木さん(楽しそうだけど目に光は…)、益山さん(また登場でビックリ)、増元さん(かわいい)でした!コールもたくさん入って楽しかったです!

そこからハイジョの寸劇!
楽器が登場しての生演奏「Sunset★Colers」!!!
開始前に若干のトラブルが、と思ったらちばしょー(千葉さん)が隼人の言葉を借りてフォローを入れてる姿が印象的でした。さすがリーダー!
みんな本当にカッコよかった!
そしてやっぱり間奏での旬による四季の紹介で泣いてしまいました!

そこから出べそ(センターの出っ張り)での「勇敢なるキミへ」
FRAMEは最高にカッコいいぜ!!!

 

ここから終盤を飾るのは満を持してのドラスタ!

最初は「約束はドリーミングフライト」
バックダンサーは永野くん(かわいい)ときくてぃ(かわいい)でした。
Cメロでの暗い表情からパッと明るくなる八代拓さんのスマイルはパイロットを辞めてアイドルになり、トラウマを乗り越えた翼を見ているようで泣いてしまいました!

次に「Because」
内田雄馬さんの圧倒的歌唱力!ラスサビはなんとアカペラからバーン!と全力で歌いきる姿は鳥肌が立ち、本当にカッコよかったです!桜庭薫という男を体現できるのは雄馬さんしかいないと思いました。

ドラスタソロのラストはもちろん「THE FIRST STAR」
Becauseの衝撃をものともしない、仲村宗悟さんの圧倒的な光輝くパフォーマンスです!最高にカッコいいヒーローで、さすがSideMが誇るセンターだと思いました!今日は、明日もいい日だ!!!

 

そして雄馬さんと拓さんが宗悟さんの後ろから登場しての「ARRIVE TO STAR」
イントロで大号泣してしまいました。3人のソロパフォーマンスからのユニット曲を通して、本当にドラスタPで良かったを再認識させられました。3人が楽しそうに歌っている姿が印象的で仲良しの3人が見れたのが嬉しかったです!

 

全員登場してラストは全員の「Beyond The Dream」
そしてアンコール前にはマンガやアニメコンプリートブック発売、4周年に向けての軽い(?)発表がありました。

そして全員登場しての「GLORIOUS RO@D」

MCでは1日目からハマー(濱さん)が連発していた「たのしずおかー!」がほかのキャストに波及して大爆笑(発端は榎木さん)

八代拓さんはツボに入ってしまったり、最後までふざける榎木さんにヨシキさんが困惑、ヨシキさんは自分の後の笠間さんの真面目な挨拶に期待したものの静岡ギャグを使い裏切られたり(ヨシキ「信じてたのに」)、「〇〇しずおか!」が炸裂したMCでした!

宗悟さんは「俺たちまだまだ伸びしろだらけだぜ!」という挨拶をしていました!まだまだ上を目指すキャストの皆さんが本当に頼もしいです!

最後の曲はもちろん親の声より聴いた「DRIVE A LIVE」

これで2月頭から始まった3rdライブツアーは幕を閉じました!長いようであっという間でした!全公演通して改めて1つ1つのユニットの魅力、アイドル個人とキャストさんの魅力を知ることができました!

ラストの新情報が大したことなかったと思う人もいますが、よく考えたら5月20日にはアニメのイベント「Five-St@r Party」があったり、新CDシリーズがあったりと実はまだまだお楽しみはこれからだったりします!

これからも止まらずに進んでいくSideMを見守っていけたらなと思います!

 

そしてわざわざ記事をここまで読んでくれた皆さんありがとうございました!

それではおやスタ!