SideM 3rdLIVE TOUR GLORIOUS ST@GE 幕張公演初日

やっぱり、シェアですよ!シェア!Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

皆さんお久しぶりです! 新人Pのしるばーです!!!!!!!
先日行われたTHE IDOLM@STER SideM 3rdLIVE TOUR
〜GLORIOUS ST@GE!〜  幕張公演初日について感想を書かせていただきたいと思います!

待ちに待った3rdLIVE TOURの初日は315プロに所属するアイドル、初めて同じステージに15ユニット46人が全員揃った記念すべきライブです!全ユニット全曲について触れていきたいと思います。

 

まずは1曲目【DRIVE A LIVE】
いきなり46人全員揃ったSideMのテーマソングです。声の厚みがすごい!低音から高音(女性キー)まで46人の歌声が重なって本当に感激でした!!!

2曲目は【STARLIGHT CELEBRATE!】

ユニット曲1曲目はDRAMATIC STARS!2nd ライブに引き続きユニットトップバッターですが、何度見ても披露するたびにスタセレは毎回違うドラマを描いてくれますね。

3曲目は【TOMORROW DIAMOND】

Beitのアニメ曲です!ダンスが優雅で、衣装に手袋が追加されて王子様度合がかなりアップしてました!先日のモバゲーでのイベントカードのように手袋を噛んで正す梅原裕一郎さんの美しさよ…

最後はひざまずいて指輪の入った箱を開けるポーズは、会場のスクリーンでは手元が光っていて本当に指輪を差し出されているようでした!会場からため息が聞こえるほど美麗でした。はぁ、結婚した

4曲目は【Reversed Masquerade】

Café Paradeの3rdアニバーサリー曲です!ハロウィンの百鬼夜行ようなおどろおどろしい曲調ですが、自分らしく楽しく生きようというカフェパレからのメッセージが込められています!

5曲目は【バーニン・クールで輝いて】

神速一魂の定番の曲です!みんなでオイオイして超熱かったです!!!2人の全力が見れました!

6曲目は【桜彩】

突然のの新曲です!試聴もなにもなく本当にサプライズ…

3rdツアーで彩の3人が揃うのは初日だけだったので3人での新曲が聴けて本当にうれしかったし驚きました!

7曲目は【Over AGAIN】

Jupiterのアニメ曲です!エモのエモとはこのことですよ!振付には恋はじとかアリギルとかBNFの振りが入っていた気がします。

先日のニコ生での話によると、最初のセトリに含まれていなかったらしく寺島拓篤さんが提案してくれたみたいです。本当にありがとうございます…

 

8曲目は【Study Equal Magic!】

S.E.Mのいつもの新曲(???)です!相変わらずコミカルな振付ですが、ライブで披露するたびにちょっとずつ変化する振付が面白いです!

9曲目は【JOKER➚オールマイティ】

High×Jokerの定番曲!みんなが自由に動き回るのでライブごとに毎回変わると言われています!僕はステージを高速で移動する白井さんを一瞬見失いました!

10曲目は【情熱…FIGHTER】

THE 虎牙道の熱い曲!!!激しいバトルが繰り広げられていました!そして間奏の殺陣は本当に激しくて最高のパフォーマンスを見ることができました!

11曲目は【Tone’s Destiny】

Altessimoの3rdアニバ新曲です!アルテらしく高貴な曲なんですが、麗さんと圭さんが笑顔で楽しそうに歌う、SLより成長したAltessimoが感じられる曲でした!

12曲目は【Symphonic Brave】

Legendersの3rdアニバ新曲です!この歌は頑張っているみんなに手を差し伸べて応援してくれる曲となっています!本当に元気をもらえる最高の曲でした!

13曲目は【カレイド TOURHYTHM】

JupiterWの2ndアニバ曲です!ついにオリジナルメンバー5人(6人?)揃いました!!!5人の名前コールできたり、5人が楽しそうに歌う様子が見れて嬉しくなりました!

14曲目は【Fun!Fun!Festa!】

Beitの2ndアニバ曲です!やっぱり楽しい曲ですね!スクリーン映されたカエールと恭二カエールとみのりカエールが可愛かったです!そして相変わらずのウインクの破壊力のすごさ…

 

15曲目は【夢色VOYAGER】

F-LAGSがトロッコに乗って出航しました!楽しそうなうりゃお(浦尾さん)にかわいくかっこいいぺーちゃま(三瓶さん)とかっこいいとくたつ(徳武さん)の3人がトロッコで歌いながら移動していました!近くていろんな表情が見れました。

16曲目は【もっふ・いんざぼっくす♪】

もふもふえんの出べそでのパフォーマンス!カメラが踊ってる3人の目の前で撮影していたのですがスクリーンに映った姿はVRもふもふえんでした!!!かわいさ満点ですよ!!!

17曲目は【AFTER THE RAIN】

のアニメ曲です!アニメのW回を彷彿とさせる立ち位置や2人で描く虹が本当にきれいで泣きました!完璧なパフォーマンスを見届けられてよかったです!

18曲目は【MISSION is ピースフル!】

2ndではトロッコだったFRAMEの曲です!周年ライブではダンスを初披露です!明るい曲なんですが意外とダンスが激しいくてかわいい振付となっています!まっさんかわいい

19曲目は【夏時間グラフィティ】

BeitHigh×JokerWのアニメ曲です!うぇーい!お尻フリフリなどかわいい振付でした!風船が飛んでいて若干邪魔楽しい演出でした!

20曲目は【流星PARADE】

JupiterDRAMATIC STARSS.E.Mのアニメ曲です!しゅごん(仲村さん)の「いっくっよー!」から始まりました!振付を見てほしいんですが♢を描いて顔の前に手を置く振付が好きです!

21曲目は【From Teacher To Future!】

S.E.Mのアニメ曲です!またしてもコミカルな振付です!みんなで「キミハデキル!」とコールできました。太鼓を叩くフリやラインダンスなど面白い振付が多かったんですが、すべての生徒諸君を応援する歌詞でなんだか泣けてしまうそんな曲です。

22曲目は【Sunset★Colors】

High✕Jokerのアニメ曲そしてトロッコです!アニメのように風船がついたトロッコで会場の後方に登場しました!5人が楽しそうに歌いながらトロッコで移動していました!間奏では白井さんの風船ドラムが面白かったです!

23曲目は【Alice or Guilty】

Jupiterのデビュー曲…突然のアリギルのイントロで驚愕しました。驚きと涙が止まらずに視界がぼやけまくってました。振りにはアイマス2の”千手観音(って呼ばれてたやつ)”やうなだれる振りなど感動と衝撃の伝説のステージでした!961衣装の3人が本当にカッコよかった!!!

24曲目は【BRAND NEW FIELD】

アリギルから2曲連続でJupiterです。1stの特殊イントロと、スクリーンでは961プロのJupiterロゴから315プロへの変化だったりと、泣かせてくる演出てんこ盛りでした。アニメのEoJと相まって感動が折り重なって泣きながらコールをしてました!!!

25曲目は【ARRIVE TO STAR】

DRAMATIC STARSのアニメ曲です。Jupiterからドラスタで枯れたと思った涙が復活してました。ドラスタの安心感と成長をし続ける彼らの頼もしさは見ていて飽きさせないです!

26曲目は【Reason!!】

全員で新衣装で登場でした!46人のReason!!は本当にうれしかったです!!!アニメと同じ振付が組み込まれていました!そして46人のイラストは感動しました!!!

27曲目は【Beyond The Dream】

46人のビヨドリ!慣れ親しんだ曲に感じていましたが、まだ発売されてから1年という…レッドもブルーもイエローもたくさんいました!

28曲目は【GLORIOUS RO@D】

46人で歌ってくれたGLORIOUS RO@D!!!ステージ上をぐるぐる回ったり(イケメン回転寿司)とかステージをまんべんなく使っていました。圧巻の感動のステージでした!星がたくさん降ってきました!

そして29曲目、最後はやっぱり【DRIVE A LIVE】

みんなが入り乱れてのフリーのドアラです!階段に座ったり、いろんなところに手を振ったりみんな楽しそうでした!!!

 

1年前に三瓶さんが「46人で同じステージに立ちたい」という願いが叶ったこのステージ、本当に最高でした!アニメを経てたどり着いた3rdライブ初日ですが、まだまだツアーは初日でここからがより楽しみになりました!今後のツアーで未披露のソロや新曲がどこで披露されるか、公演ごとに変わる演出など聴きたい・見たい曲がたくさんあります!

そして今度は三瓶さんが「(アイドルとして)46人でアニメに出たい」と仰ったのでこれもきっと叶うんだろうなぁと思います!

新CDシリーズも始まり、これからも止まらないSideMの未来が楽しみです!

語彙力不足でしたが以上でSideM 3rdLIVE TOUR 幕張公演初日のレポートを締めさせていただきます!

765AS新年ライブ~初星宴舞参加レポ~

やっぱり、シェアですよ!シェア!Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

お久しぶりです。
はしゅらPです。

しばらく筆を置いていましたが、どうしても今回のライブの記事は書きたくて、書かせてもらいました。それでは、9th以降ずっとずっと待ち続けた念願の765単独ライブ、初星宴舞の感想を書かせていただきます。

今回のライブはセトリ、演出、演者のパフォーマンス、どれをとっても4年間の集大成、そう私は受けとりました。

まず、セトリについて。
この4年間、いえ正確には9thが始まる前も含めて、765プロのアイドルにはたくさんの曲が増えました。しかし、そんな増え続けた曲を披露する場が無かったのです。2015年に開催されたTHE IDOLM@STER西武ドームライブ(通称10th)でも披露されなかった新曲達。新曲だけでなく、8th以降様々な事情によりライブに参加できなかったアイドルの定番曲と呼ばれる持ち歌。それらの曲は、9th以降765のプロデューサーになった人にとって映像作品で見ることしか叶わなかった曲達です。
いつか聴きたい、どこかで聴きたい、そんな私達の思いは決して独りよがりではなく、演者であるアイドル達も同じ思いで、それが形になったのが今回の初星宴舞のセトリである。私はそう思いました。

次に演出について。
9th以降の4年間、アイマスのライブの演出は大きく変化しました。特に顕著なのは光の演出です。9thの頃は演者を照らすスポットライトの強弱やステージの明るさ色味、バックモニターのちょっとした映像演出が主でした。また、西武ドームライブでは会場の特性を活かした自然光を取り入れたライブでした。それが今回のライブでは、レーザー光に加えて、組んだステージそのものを様々な色で光らせ、照明も曲に合わせ色を変えるなど、様々な技が見られました。

最後に演者のパフォーマンス。
彼女達から見せられたのは、その生きざま。年が経つにつれて体の衰えからは逃れられないけれども、洗練された動きや歌、そして会場を沸かせる煽り等は10年以上の間、765プロと共に歩み、誰よりも765プロのことを理解している彼女達だからこそできるパフォーマンスであると感じとりました。

さて、ここまで読んでくださった皆様の中には
「なんで今更記事更新したんだ?」
と思う方も多々いらっしゃると思います。
なぜ、今日なのか。

それは、今日(明日)が初星ディレイビューイングの当日だからです。

この記事を読んでくださった皆様。
今ならまだ間に合います。
あの感動を実際に体験するために、今すぐ映画館にダッシュしてください!!!

私も記憶を取り戻しに行ってまいります。

はしゅらP

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!大阪公演6/9,10レポート

やっぱり、シェアですよ!シェア!Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

またしても2週間ぶりでそろそろ名前も見飽きてきた頃ではないでしょうか、今回もお付き合い下さい、アキトPです。
先日6月9日に大阪城ホールで開催されたTHE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!大阪公演の初日に現地参戦したので、2日目の内容も含めたレポートを簡単に書かせていただきたいと思います。


開催場所となった大阪城ホールは、最寄駅である大阪城駅から非常に近く(大阪城駅自体も梅田やなんばからの交通の便が良かったです)、城ホールを出てすぐのところにLAWSONがあるため買い物もしやすいなど、アクセス周りが良いだけではなく、大阪城公園内の広く過ごしやすい自然の景観の中にあり、素晴らしい会場だと感じました。
また会場内部は楕円形のドーム式で、今回のデレ5thツアーのステージ形式との相性も良く、アリーナ、スタンド、どの席からでもステージが見やすかったのではないかと思います。音響やトイレ数も(全く混雑しないレベル)文句無く、東の武道館、西の大阪城ホールと言われるだけのことはあると感動しました。

 

前回・前々回の石川・宮城公演レポで評した通り、大阪公演でも新旧の楽曲が重なり合って素晴らしいハーモニーを産んでいる楽しいライブでした。気づいたこととしては、前2公演との違いは、各ブロック内で歌われた曲数の違いでしょうか。
石川・宮城公演では1ブロックで4曲披露→MCの流れだったので、今回もその腹積りでいたのですが、はにかみdaysから始まり、にょわにょわ、ちぇりめりと来てFlipFlopの後にMCではなく、モーレツ!世直しギルティが来た時は驚きました。大阪公演では、後半ブロックが6曲ブチ抜きの超ありえん優勝セトリ(語彙力)になっていたので、構成を柔軟に変えてきたのだと思われます。

 
さて、今回の大阪公演では、モーレツ!世直しギルティや桜の頃、薄紅、きみのそばでずっと、エチュードは一曲だけ、PANDEMIC ALONEと沢山の初披露曲があり、個人的には聴きたい曲が全て聴けて非常に嬉しかったです。
特に華蕾からLunaticShowまでのらんこうめ、しょうこうめ、りょううめを過剰に含む演出にはテンションが上がらざるを得なかったです。すき。

 
アンコール後の最後の挨拶では、今回初参加の椎名法子役都丸ちよさん、道明寺歌鈴役の新田ひよりさん、2人のステージにかける想いと涙に、涙腺が耐えきれませんでした。約5年半と長い間シンデレラ応援してきましたが、特にアニメ以降多くの新しいシンデレラたちがステージに上がり、素晴らしいパフォーマンスと想いをぶつけてくれて、そしてその初ステージに1人のプロデューサーとして立ち会って、応援出来ることがどれだけ幸せかを、この5thツアー大阪公演でも感じました。
これからも彼女たちを応援、プロデュースし、奇跡の大行進のゴールを見届けていきたいと思います。以上、簡単ですが大阪公演のレポートとさせていただきたいと思います。

 
P.S. 麗ちゃんも言っていましたが、やはりセンターはっしーの安心感は凄いですね、一曲目はにかみdaysで勝利を確信しました。

Tompei Enzymatic Agents of Management M@RiNE